これも、(マトリックスの内側からは)つきつめると判別不可能?なマンエフェなのですが、例えばこの通称「進次郎カード」 ↓
            ダウンロード (98)

イルミナティカードは以前から都市伝説、陰謀論界隈では有名ですが(ちょっと脱線しますが、編者は陰謀論系の発信もしております
ケムトレイル情報局→https://twitter.com/chemtrail_info
皆さんは、この「進次郎カード」をいつ知りましたか?、
編者は、2020年になってから知りました。
編者はこのカードなども出現マンエフェの可能性もあるかな?と推察しております。(※ちなみに進次郎君は元CSIS、CSISについての解説・オリーブの木さんリンク→https://www.youtube.com/watch?v=FZr3X9FBP3g)「ラプラスの魔」の視点にいる高次存在からすれば(過去にシニカルなジョークグッズをブチ込むなど)造作もないことかと、あと当ブログの最初の記事にもありますが、ザ・シンプソンズの予言的な場面や、チャレンジャー乗員生存説なども変則出現マンエフェでは?、と(高次存在にとっては、死んだはずの人物を出現させる事も可能かと)推察しております(鶏と卵の順番、高次存在の介入の意味【ディープステート ディスり?】など)、みなさんそれぞれ考察してみてください)。
   ダウンロード (79)   images (4)

   ダウンロード (37)   ダウンロード (36)