マンエフェを覚知するには、ある程度"博識"でなければなりません、裏腹に高次改編者は、我々の記憶の曖昧さや無知な部分を突いてマンエフェ変化を起こしているようですので難しいところです・・博識すぎる人や記憶力の良すぎる人は、高次改編者にとっては邪魔?なのかもしれません(ただ、我々マンデラーの記憶も操作されている可能性が高いので、そこは心配する必要ない?)。あと、我々がマンエフェとして覚知しにくい(もしくは覚知不可能な)歴史改編、介入もあるのではと編者は考察しております。我々の生き方としては、何度か記事で紹介しております映画『テネット』の世界観のように、”決定論宇宙の中で、無知(未観測)も武器として、(愛する者や、信じる正義の為)やるべきことをやる”みたいな感じで、基本よいのかなと思います。ただ、このマトリックスはシニカルな高次改編者に見守られている?ので、"郷に入っては郷・・"で、思考をシニカルに補正して楽しんだ方が良いかと思います。
   ダウンロード (98) images (31)

・たてはま / CGBeginner さんのテネット解説(ネタバレあり)   
    



  


※オマケ
肺は、『上葉』、『中葉』(右肺のみ)、『下葉』に分かれているって(左右非対称)、ご存知でしたでしょうか?

     images (32)   images (3)